特許

US patent

イスラエルおよび世界中で特許を提出および起訴し、検索を実行し、特許を作成および編集し、社内で図案を作成し、特許庁の異議への回答を作成し、その他の関連サービスを多数実行します。 弊社には技術およびビジネスの観点から、製図、製図、シミュレーション、分析を専門とする専門家が多数います従事しています。 必要に応じて、世界中の特許事務所のアソシエイトとの関係を維持し、現地での提出を行っています。

先行技術の調査と特許性の分析

新規性は、特許性に関する33項目の正式な要件の1つです。 したがって、先行技術の検索は、あなたお客様のアイデアが新規であるかどうか、もしそうであれば、発明に正確に何を含めるべきかを判断するのに役立ちます。 お客様が私弊社との継続を決定した場合、先行技術の費用は特許から差し引かれます。

特許製図

あなたお客様の発明の書面または口頭による説明から(ご希望な言語で)、どの段階でも提出できるように特許を起草することができます。 発明者(特に初初回発明者)がはチェックリストに記入することをお勧めします。これは、自分ご自身の発明に焦点を合わせるのに役立ちます。 不足している場合は図草案を作成し、特許庁で発明を保護するための最良の表現である完全に主張された特許を作成するために必要な背景調査を行うことができます。 その後、特許出願はイスラエルおよび世界中で提出および弁護される可能性があります。

HandSketch.jpeg

特許性分析

特許性分析は、先行技術と出願の違い相違、問題の質問における特許庁の以前の行動、分野の混雑、およびその他の要因を分析することによって、特定の出願の受理の可能性を判断しようとします。

自由性-と-操作分析

操作の自由度性分析は、ライセンスを取得するを必要があるとする可能性のある既存の特許を前提として、メソッドまたはデバイスを操作できるかどうかに答えようとします。 たとえば、新しいデバイスに特定の既製のサブコンポーネントが必要な場合、このサブコンポーネント自体が特許を取得している可能性があります。 操作の自由度の分析では、そのようなサブコンポーネントの特許が取得されているかどうか、および特許を実施したい地域で特許が有効であるかどうかを判断しようとします。

特許の影響分析

分野の規模、分野の特許状況に基づいて、技術的およびビジネス的観点から、特定の特許または出願の詳細な分析を、特許権者または潜在的な投資家に提供できます。

特許戦略

どのアイデアが特許を取得する必要がありますか? 申請書はどのように起草され、起訴されるべきですか? いつどこに提出すべきですか? 成功する特許戦略は、これらの質問に対する体系的な回答を提供し、会社のR&D戦略に従う必要があり、R&D戦略は全体的なビジネス戦略に従う必要があります。 特許は、特許を取得したシステムまたは方法を悪用する他者を排除する権利を付与します。 必要に応じて、ライセンス契約を通じて他の人があなたの発明を使用できるようにすることができます。 特許は、他人がライセンスなしであなたのアイデアを使用することを防ぐための「武器」として役立つだけでなく、あなたのビジネスの価値を実証するのにも役立ちます。 これらの側面の利点は、特許ポートフォリオの取得と維持の経済的側面と比較検討する必要があります。

特許審査

特許の存続期間は、最初の出願が提出されたときから始まったばかりです。 後の段階で、さまざまな特許審査官があなたの出願を読み、新規性または自明性の欠如を理由に異議を唱えます。 これらの異議は、合理的な反論に則るものでなければなりません。 これらの議論は多くの規則や規制の対象であり、議論自体はかなり関与する可能性があります。 弊社はそのような議論を提示することに長年の経験がありを持ち、お客様と協力してあなたのお客様の申請を受け入れるための最良のケースを生み出すことができます。 弊社は、現地の代理人が提出と起訴を求められている国々のために、世界中の特許事務所のアソシエイトとの関係を維持しています。

技術図面

社内の3D設計の専門家は、スケッチから設計を生成し、これらの図面から3D印刷されたデバイスを作成できます。 デバイスの重要な部品を明確に示すのに最も適したワイヤーフレーム、カッタウェイ、X線、およびその他のビューは、特許起草プロセスの一部として作成されます。